着こなし方のコツ|【30代はおしゃれな人を目指そう】女性ファッションのノウハウ
fashionマニュアル

パーカーは老若男女、幅広く着こなせるアイテム

着こなし方のコツ

レディの後ろ姿

紫外線対策にも使える

薄手のものは、紫外線対策としても人気があります。UVカットパーカーと呼ばれるものですが、2種類あるのはご存知ですか。1つは天然素材に紫外線吸収剤を吸着させているもの。定番の方法ですが、洗濯するうちに吸収材が剥がれてしまうのがデメリットです。もう1つは化学繊維に光を乱反射する微粒子を織り込んでいるもの。紫外線を乱反射させることで、皮膚に紫外線が届かないという効果があります。しかも、洗濯してもUVカットの効果が落ちづらいので嬉しいですね。

パーカーによって着こなしを変えよう

パーカーにもいろいろなデザインがありますが、それぞれ違った着こなしをするとおしゃれなのでおすすめです。例えば長いアウターと合わせるなら、パーカーはショート丈を選ぶといいでしょう。他にもカジュアルにしたいときはパンツと、かわいらしさも出したいときにはスカートと組み合わせると簡単にイメージが変えられていいですね。ビビットで明るいカラーは春夏に着ると、簡単に季節感を取り入れられます。

お揃いで着るのもおすすめ

パーカーは年齢・性別関係なく着られるアイテムです。そのため、色違いやサイズ違いで揃えることもできます。個性を出したいと思うのであれば、オリジナルでパーカーを作ってしまうのもありでしょう。今はインターネットで注文することもできるので、家族や友達とお揃いのパーカーを着て出かけると楽しそうですね。学生なら、定番のTシャツだけでなく、パーカーで合わせるのもおすすめです。体育祭の時などにクラスでお揃いのものを作れば、団結力が上がるかもしれません。

乾かしやすい干し方

可愛くて着回しの効くパーカーですが、乾きにくいのが難点ですよね。特にフード部分が乾かず苦労したこともあるのではないでしょうか。簡単に干す方法として、上下逆さまに干す方法があります。これならフードが背中部分の生地と重なることもありませんし、脇の部分にも風が通るので全体的に乾きやすくなります。さらに、今はパーカー用のハンガーが販売されているので、それを使うのもいいでしょう。

広告募集中